眠っているワインの価値を知ろう|買取ショップで無料査定を依頼する

男性

熟成しているものがよい

鑑定

飲食物は通常、古くなったものより新鮮なものが好まれます。しかし、中には例外もあり、その代表がお酒であると言えるでしょう。特にブランデーは、年数が経過しているほど熟成するため、古いものの方が価値が高くなります。ブランデーとは果実を原料とした蒸留酒であり、ワインと同じくブドウからつくられることが多いです。風味がよいため、そのままお酒として飲むことはもちろん、お菓子の香りづけとしても使われるなど利用範囲が広いのも特徴と言えます。同じ蒸留酒であるウィスキーと間違われることが多いのですが、これらの点で見分けることが可能です。また、ブランデーはつくられた国や地域によって種類が分けられており、フランスのコニャック市周辺でつくられたコニャックやイタリアでつくられたグラッパなどは日本でも有名です。さらに、銘柄によって価格が変わってきます。中には高い値段で取引される銘柄もあり、ランクの高い銘柄であればそれだけで高く売ることができるのです。レミーマルタンやヘネシーは高額で取引される銘柄の代表であり、家で飲むことなく眠っているブランデーの銘柄がこれらに当てはまるのであれば、買取の依頼をすることをおすすめします。買取の際には、まず付属品がきちんと揃っているかを確認しましょう。付属品が揃っていなくても買取は可能ですが、外箱などの付属品が揃っている方が買取価格が高くなるのです。また、本体や付属品の保存状態がよければ、さらによい評価となることが期待できるでしょう。